春の高尾山 寺コンサート
高尾山薬王院 > 精進料理 > 春の高尾山 寺コンサート
楓

演奏と精進料理を楽しむ会

パリ在住の2組がこの度来日、自然豊かな高尾山で音楽の香りを届けてくれます。
コンサートの後は、季節の食材を活かした精進料理をお召し上がりいただきます。

4月21日(金)

[開場11:00/開演12:00]

[出演]

◇箏・三味線・歌日原史絵
◇木管五重奏アルテ・コンボ

[演目]

音楽劇「猿神」(久留智之作曲)
さくら変奏曲(日原史絵編曲)
朧月(初世山勢松韻作曲)

4月22日(土)

[開場11:00/開演12:00]

[出演]

◇木管五重奏アルテ・コンボ

[演目]

映画音楽より
ビゼー(カルメン)
L.バーンスタイン(ウエストサイド物語より)
日本の歌メドレー
お申し込み・お問い合わせ
精進料理

※内容はイメージです。

要予約¥5,000-(公演・精進料理・ケーブルカー代込)
各日募集定員 130名
※各日ともに定員となりましたので締め切りとさせていただきます。

<お申し込み・お問い合わせ>
髙尾山薬王院
東京都八王子市高尾町2177
TEL: 042-661-1115 (受付時間8:30 - 16:30)

出演者のご紹介

箏・三味線奏者 - 日原史絵

日原史絵 9歳から箏を、15歳から三味線を始める。
17歳で師範免状取得。1998年、東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。
2004年アヴィニョン演劇祭での公演がきっかけとなり、フランスを中心にヨーロッパ各国と日本を行き来しながら演奏、創作活動を展開。
最近は、現代音楽作曲家とのコラボレーションに取り組み、新たな箏・三味線の可能性に挑む。
現在、パリ・横浜・山梨で箏・三味線指導を行う。

ArteCombo - アルテ・コンボ(木管五重奏)

アルテ・コンボ 2007年にグループ結成以来、木管五重奏の為のクラシック作品をはじめ、映画音楽、創作、現代音楽と幅広いジャンルに渡る演奏活動を行う。
これまでにフランス各地で公演を行い、2007年5月第50回カンヌ映画音楽祭ディナーパーティー出演や2009年2月第5回ヘンリ・トマジ木管五重奏国際コンクール、ファイナル進出など、数々のシーンで活躍の場を広げている。
2009年10月、初来日したフランス木管五重奏「アルテ・コンボ」日本ツアーは、「日仏の文化交流」として「読売新聞」で全国に紹介された。

「八王子市制100周年おめでとうございます
アルテ・コンボは高尾山がミシュラン三ツ星を獲得した2009年に薬王院にて演奏させて頂きました
今年8年ぶりに招聘を受け、市制100周年を共にお祝いできることを光栄に思います」

チラシのダウンロード・印刷はこちら