高尾山ブログ 天狗のひとり言


春季大祭


4 月 20

4月17日(日)

何日も前から天気予報の傘マークがとれずに迎えた当日の空。

雨こそ降っていないが、どんどん流れて行く雲。

残念ながら春季大祭の目玉のパレードは中止の決定。

それでも、本坊で着替えを済ませた子供たちは意気揚々で無邪気。

書院でお加持を授かり健やかな成長を祈念。記念の写真をとったら、

花御堂で甘茶かけ。

時折吹く強風と雨。雨雲が切れると差し込む日差し。天気が刻一刻と

かわる中、本堂では御貫首御導師のもと、特別開帳大護摩供が

執り行われ、有喜苑では高尾山修験道の山伏による柴燈護摩供が

厳修されました。殊に熊本の地震に想いを馳せるひと時となりました。

天狗の落とし文

親が子を 甘やかせるのは 毒のように よくないこと




花まつり


4 月 09

4月8日(金)

いかにも新入生・新入社員と『新』のつく人達を目にすることが

増えてきました。希望や期待に胸を膨らませ、颯爽と歩く姿は、

まさに春の風。見ているこちらへ新風を吹き込んでくれます。

高尾山も春本番。境内の桜も見頃を迎え、スミレも至る所で、

愛らしく微笑んでいます。

8日はお釈迦様の生誕を祝う灌仏会。

仏舎利塔にて、御貫首御導師のもと法要が執り行われ、

花御堂のお釈迦様へ甘茶を灌ぎ、御祝致しました。

窓際で寝ていると、柔らかな朝日が差し込む中、鳥のさえず

る声で、20分程早く目が覚める様になってきた今日この頃。

あまりの心地良さに、春眠暁を覚えずと言うよりも、むしろ

春眠二度寝に注意ですね。

天狗の落とし文

不退転  くじけない 屈しない