高尾山ブログ 天狗のひとり言


涅槃会


2 月 22

2月15日(月)

過日の陽気に暖められた土の上に、羽毛のような雪がひらひらと

舞い降りてきては消え、震えるからだに静寂が沁みます。

法螺貝の音が有喜苑に鳴り響くと涅槃会の法要が御貫首御導師

のもと、仏舎利塔にて執り行われました。

高尾山涅槃図

哀しみの渦の中で穏やかなお顔で横たわるお釈迦様。

書院に場所を移して、引き続き涅槃会の法要が執り行われました。

天狗の落とし文

我慢知らずに 育てるな




初甲子大黒天祭


2 月 21

2月12日(金)

暦の上で初甲子にあたる今月の12日、境内本社横にある

大黒天碑の前で大黒天祭法要が執り行われました。

初甲子の日といえばまだ真冬の寒さで降り積もった雪が眼前に

広がる、そのようなイメージがあるのですが、今年は朝から

暖かく、日向にいると上着がいらない位の陽気でした。その

おかげか、例年よりもお参りされた方が多かったように思います。

大黒様にお供えした茶飯は参拝された方にも振る舞われました

が、おかずがなくても美味しいと好評でした。かく言う私も

しっかりご相伴にあずからせていただきました。ごちそうさま。

天狗の落とし文

人生の歩み方軽くなってはいけない




高尾山初午福徳稲荷祭


2 月 07

2月6日(土)

本日は2月最初の午の日です。高尾山でも初午福徳稲荷祭の法要が

御貫首御導師のもと稲荷社にて執り行われました。

地域によっては、初午の五色の旗に字の上達を祈願する風習があるそうですが、

はたして、自分は昨年より上手に書くことが出来ていたのか・・・

出来ていたことにしましょう。

天狗の落とし文

一番騙し易いのは 自分です




先住忌


2 月 06

2月4日(木)

賑やかに執り行われた節分会の余韻の残る立春。

山本秀順前貫首の命日にあたる今日、御貫首をはじめ山内の僧侶・職員

で先住墓地へお墓参りに行きました。

気が付けば、朝の光が差し込む時間が早くなってきました。季節は刻々と流れ、

お山の木々も草花もゆっくりとですが、確実に春へと向かっています。

天狗の落とし文

言葉は 心の窓




節分会追儺式


2 月 05

2月3日(水)

立春の前日、暦の上では季節を分ける節分の日に追儺式(ついなしき)は

執り行われます。高尾山では6回の御護摩修行の後、豆打ちの儀(豆まき

)を行いました。

御本堂前の舞台から歳男・歳女の皆さんや特別招待者としてお越し下さっ

た著名人の方々が豆を撒くと、その福を授かろうと境内は熱気で溢れかえ

ります。

斜面に残る雪に空気も冷やされ肌寒い中でしたが、1年の無病息災を願う

多くの方がお越し下さり、気持ちを春に向けさせる1日となりました。

天狗の落とし文

集中力をつける