高尾山ブログ 天狗のひとり言


蓮の花が咲きました


8 月 15

8月15日(土)

立秋を過ぎ、真夏のうだるような暑さも峠を越したのか幾分は

過ごしやすくなってきました。それを感じた虫たちも日没後に

ちらほらと羽をふるわせて、一服の清涼感を与えれくれます。

とは言え、まだまだ、夏の主役は譲らんとばかりに、蝉が大合唱

をしておりますが・・・

4月に植え替えをした蓮の花が終戦記念日の今日、花咲きました。

青空に向って咲く花が、戦没者の鎮魂と平和への祈りを捧げて

いるようです。

来年の今日も花さかせて欲しいものです。

天狗の落とし文

成長を促すことが出来るのは反省




こどもやまぶし修行会


8 月 13

8月2日(日)

本日、高尾山こどもやまぶし修行会が行われました。

前日には、火まつりが開催され、大忙しの山伏達です。

不動院を出発して、琵琶滝に到着。皆でお経を唱えました。

琵琶滝を流れる水は想像以上に冷たく大変でしたが、一人一人が頑張って行を終える事ができました。

疲労困憊の中、本堂に到着。ここでもお経を唱えました。

薬王院で昼食をとり、山伏の方々に念珠作りを教えてもらいました。

初めての念珠作りにみんな興味津々の表情を浮かべていました。

仏舎利塔にて、自分で作った念珠を柴燈護摩の炎で加持祈祷し、世界で一つの腕念珠が完成しました。

こちらは、仏舎利塔の裏手にあります苦抜け門です。去年の8月に開眼されました。

この門の間の道を通る時は、煩悩(わずらい、なやみ)を消すことを心に念じて歩かなければいけません。

参加してる子供たちには、まだ煩悩はないかもしれませんね。

そして、最後に終着地の不動院にて修了証を授与され、無事終了です。

暑い中での辛く厳しい修行でしたが、一人も諦めることなく終える事ができました。

この体験修行を今後の生活の糧にしていただければ幸いです。

長い一日でしたが、お疲れ様でした。

天狗の落とし文

幸せって楽をするだけではない




火のまつり


8 月 13

8月1日(土)

暑い日が続く今日この頃ですが、八王子市民球場ではそんな暑さを、ものともしない山伏たちによる火渡りが行われました。

たくさんの方から書いていただきました「なで木」を、山伏達が炎に投げ入れ祈願致しました。

まだ火も赤々と残る道を修行を積んだ山伏達が、険しい形相で渡って行きます。

その後に続き、行事に参加したい方々もたくさん渡って行きました。

午後7時より打ち上げられた花火に夜空は彩られ、会場の大勢の方が歓声を上げていました。

今年もまだまだ暑い日が続いておりますが、くれぐれもご自愛ください。

天狗の落とし文

穏やかに過ごす日々であれ