高尾山ブログ 天狗のひとり言


謹賀新年


1 月 01

     平成26年1月1日(祝)

 

 

 

 

 

     あけましておめでとうございます。

     除夜の鐘の音が澄んだ空気を伝って鳴り響く中、

     御貫首御導師のもと、新春特別開帳大護摩供が厳修

     され、新たな年が幕を開けました。

      早朝の迎光祭では、時代の閉塞感に光を差し込むよう

      なご来光に照らされ、寒さも忘れ見入ってしまいました。

      なにやら、うまく行く1年になりそうな予感めいたものを

      感じるのは、午年だからでしょうか。

     ならば、前向きな気持ちで、自分の目標に対して毎日

     少しづつでも、近づいている。そんな確信を得られるような、

     参拝を年の初めにしたいものです。昨日の自分より

     今日の自分は善くありたい。と言う事は、大事なのは、今、

     どうあるべきか。なのではないでしょうか。

     さて、皆様は初詣で何と向き合いますか?

     新年を迎え皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

     本年もよろしくお願い致します。

     天狗の落し文

             謙虚さと 思いやり