高尾山ブログ 天狗のひとり言


秋季大祭


10 月 18

     10月17日(木)

 

 

 

 

     きらきらで愛らしいお稚児さん達の前に広がる景色。

     遠く海も輝き、その先の未来までも見えそうなお天気の

     中、秋季大祭が執り行われました。

     山伏の法螺の音を合図に行列は薬王院を目指し出発。

     鼓笛隊のリズムに乗って、お稚児さんも元気に練り歩く。

     御詠歌講の皆さんが奏でる旋律。御貫首・僧侶が続き

     ます。

     舞扇供養に来られた、八王子の芸妓さん達、殿は

     慶賛会のお侍さんが務めました。

     さわやかな空気の中、本堂まで歩いたお稚児さん達

     は、健やかに育つよう御加持をうけて、お疲れ様とな

     りました。

     本堂では、特別開帳大護摩供を有喜苑では柴燈

     護摩供が厳修され、諸願の成就が祈願されました。

     秋季大祭も終わり、気温もぐぐっと下がって来ました

     紅葉は例年に比べ、1週間位おそいような感じです。

     天狗の落とし文

              季節感を 味わう

 

 

 

 

     




第八期懸仏総供養法要


10 月 09

10月7日(月)

平成十三年より数多くの御信徒様より仏舎利結縁懸仏を御奉安

いただいておりますが、新たに御奉安頂きました方々の開眼供養

と合わせまして総供養を厳修致しました。

御貫首御導師のもと法要が始まるや、ぱらついていた雨も上がり、

清々しい空気の中でのご供養となりました。

天狗の落し文

人情って 思いやり 暖かい言葉 いたわり合いのこと