高尾山ブログ 天狗のひとり言


成人の日


1 月 14

     1月14日(祝)

 

 

 

 

     今朝お山にも白い便りが届きました。朝のお勤め前あたり

     から、雨が姿を変え、雪・雪・・雪・・・積もる・積もる・・。

     ただ、この配達係はどうも女坂より上にした配達しなかった

     ようで、麓はまだ雨とのこと。

     雪と言えば、初雪の朝、静寂の音に起され、急いで窓の外

     を眺めると白い世界が一面に広がっていて、気持ちが昂る

     (雪かきの苦労はすっかり忘れて)という経験のある方も多

     いのではないかと思います。

     さて、新成人の皆様、おめでとうございます。

     生憎のお天気ですが、自分が今よりもずっと若かった頃、

     あの年の成人式も大雪でした。今では、良い思い出です

     が、一般的に思い出の何が良いかと言えば、美化される

     ことはあっても、基本変わらないこと。忘れることはあって

     も・・・。

     10代の10年と20代の10年を比較すると、倍くらいの

     スピードに感じます、いわんや30代・・・をや。

     となれば、新成人の皆様、未来を憂慮し、過去を懐か

     しむ暇などないのです。1日1日を1分1秒を大切に過ご

     して下さい!とエラソーに言いたいところですが、偉い

     僧侶ではない私としては、どうせ思い出しちゃうなら、

     怒りや悔いが込み上げてくるものより、心が満たされ

     幸せに感じるものにしたいですね。毎日が思い出作り。

     天狗の落とし文

       浮かれない 騒がない 調子にのらない




奉納舞


1 月 04

     1月3日(木)

 

 

 

 

     三が日はお天気にも恵まれ、多くの御信徒の皆様が

     御来山下さり、高尾山もお正月らしい賑わいとなりま

     した。

     安全面を考慮し参拝に規制をかける時間も多く、御

     迷惑をお掛けいたしましたが、お陰様で大きな事故

     もなく、魔事なく三が日を終えることができました。

     ご協力有難うございました。

     3日の午後には、観世流の能楽師 山中迓晶さんの

     奉納の舞が御本社で行われ、可愛らしい娘さん二人

     と競演となりました。

     「老松」「合甫」「翁」「絃上」の一部分が演じられ、

     山中迓晶さんの謡と舞に寒さを忘れるひと時となりま

     した。

     天狗の落とし文

         志し 高き人の 道はひらける 




本日の朝日が綺麗でした


1 月 02

     1月2日(水)

 

 

 

 

     今朝の朝日がとても綺麗でしたので、アップします。

     護摩受付所の横から撮影しました。6時50分頃です。

     本日、風はありますが、お参り日和です。昨日も沢山の方々が

     参拝にお越し下さいました。

     お休みで体を鈍らせたくない方、登山がてらにいかかですか?

     天狗の落とし文

        人生って 山を越えたら また 山があるもの




新しい年の始まりに


1 月 01

     1月1日(祝)

 

 

 

 

     新春特別開帳大護摩供の勤修と共に新たな年がやって

     きました。

     除夜の鐘の響きが冷たい空気を砕き、境内が沸き立ちます。

     本堂の中では、御貫首御導師による護摩が厳修され、堂内

     から溢れんばかりの御信徒の皆様が、まっさらな気持ちに

     新たな決意と願いを一心に祈っていました。

     夜明け前に気温がグッと下がるなか、山頂では、迎光祭が

     執り行われ、大いなる太陽に万民法楽・世界平和等が祈願

     されました。

     雲が低く、太陽をなかなか拝むことが出来ませんでしたが、

     雲の切れ間から覗いた光にふれ、心身ともに清々しくなる

     ような感覚となりました。

     「願いごと」は裏を返せば、成就させるために、自分が何を

     すべきか考えることでもあると思います。

     今年の指針となるような「お願い」をしに初詣に行ってみては

     いかがでしょうか。そして、本年が皆様にとってより良い年で

     ありますように・・・合掌。

     天狗の落とし文

               一 念 発 起