高尾山ブログ 天狗のひとり言


お餅つき


12 月 25

     12月25日(火)

 

 

 

 

     参道の脇では、霜柱が寒さに背筋をピンと伸ばして立っています。

     元旦の天気予報が気になる頃となりましたが、どうやら近年では、

     寒い部類のお正月になりそうです。例年なら一番寒い時期用の

     防寒着をこの時期に着てしまっている私。どうしましょう!?

     さて、先程、お正月のお飾り用のお餅つきが終了いたしました。

     御貫首もまだまだ若い者に負けない位、いい音をたてて杵を振り

     下ろしてました。

     お餅つきが終わると、いよいよ年の瀬。タイムリミットが近づいて

     来たような、正体不明の忙しなさが押し寄せてきます。

     「終わりよければすべてよし」は中学時代の担任の口癖。

     この一年を台無しにしないように、残りの数日を大切に過ごしたい

     ものです。

     天狗の落とし文

               笑顔 忘れずに

     




納札供養・星祭り


12 月 23

12月23日(祝)

 

 

 

 

     19日(水)には山麓の祈祷殿にて、納札供養の柴燈護摩が

     厳修され、御信徒の納めた役目の終えた、古い御札をお焚き

     上げいたしました。

     21日(金)には大北斗祈祷会(星まつり)が開白され冬至に

     あたる22日(木)の早朝に結願となりました。

     星供曼荼羅を御本尊として、御貫首御導師のもと山内僧侶の

     読経が薄暗い本堂に響きました。星まつりの祈祷には、法螺

     貝の音も心経の太鼓の音もなく、僧侶の唱える、お経と御真

     言の迫力・リズムと護摩の炎と灯明の揺らめきに溶け込むよう

     な感覚となりました。

     結願の祈祷を終えて本堂をでると、東の空に真っ赤な太陽が

     昇り始めていました。

     天狗の落とし文

              確固たる信念を




おみがき


12 月 19

     12月18日(火)

 

 

 

 

     今朝は白い靄と温い空気に包まれての通勤となりましたが、

     ケーブルカーの山上駅に着くと、見渡す景色は雲海。

     1年に1度見られるかどうかの素晴らしい眺めでした。

     寒い日が続いておりましたが、小春日和のお天気に恵まれ、

     ほっこりとした空気の中、御本堂でおみがきが行われました。

     御貫首・山内職員に加え、御信徒の皆様、地元商店の皆様

     など、多くの方が御参加下さいました。

     本堂・本社・奥の院・大師堂の仏具を磨きながら、1年を振り

     返り、新年を迎えるにあたっての自身の心の準備をする時間

     となりました。

     天狗の落とし文

                 気分転換を




すす払い


12 月 14

12月13日(木)

本日、御本堂のすす払いを行いました。

笹竹を使って、一年の埃を落とします。TVなどで良くみる光景です。

屋根裏に上り、天井のすすを集めます。梁から落ちないように・・・

堂内もハタキを使って、すすを払います。顔は真っ黒になります。

仏具もすみずみまで、キレイにします。

仏像は僧侶によって、筆で丁寧にすすと埃を払います。

仕上げは雑巾がけをして終了。

12月18日(火)には、『おみがき』を行います。どなたでも

参加出来ます。是非、ご参加ください。

天狗の落とし文

自ら 進んで 動くこと




成道会


12 月 08

     12月8日(土)

 

 

 

 

     カレンダーも残すところ1枚となりました。つい先日まで鮮やかに

     お山を染めていた紅葉も寒さにからだを丸めるようにハラハラと

     地上に舞い落ちています。敷き詰められた落ち葉を踏むと秋の

     余韻と暖かさを感じますが、吹き付ける風が身体の芯まで届く

     ような冷たさになってきました。

     高尾の季節も冬へと移り行くところです。

     12月8日はお釈迦様が悟りをひらかれた日とされています。

     本日、御貫首御導師のもと仏舎利塔にて成道会の法要が執り

     行われました。

     澄み渡った真っ青な空と空気に心が洗われるようです。

     忙しない12月、皆様風邪などひかぬようお過ごし下さい。

     天狗の落とし文

           考え方 ひとつで 生き方が かわる