高尾山ブログ 天狗のひとり言


第百二回高尾山峰中修行会


8 月 22

     8月18・19日(土・日)

 

 

 

 

 

     残暑厳しいですが、朝晩の暑さも和らぎ、寝苦しい夜

     も少なくなってきました。

     境内ではトンボが同じ軌道を行ったり来たりする姿も

     見受けられます。

     2学期を前に課題の厚い本と格闘している学生さん

     もまだまだ多いのではないでしょうか?

     五輪などで熱くなった今年の夏も終わりが近づいて

     来ました。

     18・19日と1泊2日にて、第102回峰中修行会が

     行われ、信仰の篤い常連の方から、熱心な初心者

     の方まで、老若男女80名以上の方々が高尾山に

     集まり修行を共に致しました。

     初日は突然の雷雨の中、滝行・回峰行・千巻経・

     座禅・座談会が行われました。

     2日目は4時起床。月輪観・本堂での勤行・諸堂参

     拝・写経・法話聴聞・山麓へ下山後、柴燈護摩を

     厳修の後、閉会式となり参加者には成満証が授与

     されました。

     1泊2日の短い期間ですが、参加者は、一緒に苦楽

     を共にした仲間や先達の存在こそが、修行を続けて

     いく上で、必要不可欠なものであると感じたのでは

     ないでしょうか。

     天狗の落とし文

                 自分を 深める




子供やまぶし修行体験会


8 月 06

8月5日(日)

いよいよ、子供たちの夏休みも中盤戦。今年も元気で明るい

子供たち約90名が集まり、第9回の子供やまぶし修行体験

会が開催されました。

不動院に集まった子供たちは、10名前後の班に分けられ、

6号路を琵琶滝目指して出発しました。

琵琶滝で子供たちは水行に挑戦しました。滝場の厳かな

雰囲気と緊張と不安と水の冷たさから、震えている子供も

見られましたが、山伏に付き添われ、全員が勇気を持って

滝へと進みました。

入滝中には、山伏から「宿題しっかり出来ますか」「好き嫌い

なく食事出来ますか」「両親のお手伝い出来ますか」「みんな

と仲良く出来ますか」といった質問があり、子供たちは大きな

声で「はいっ!」と答えていました。

滝行後、琵琶滝コースを十一丁目茶屋に向け出発。

日差しは、木々に遮られているとはいえ、山肌の露になった

大人でも歩きにくいコースを各班団結して登りました。

十一丁目茶屋近くで休憩後、1号路を神変堂の法楽をしつつ

薬王院を目指しました。

境内では、ここまで登ってきた御褒美としてソフトクリームを

頂きました。

ご本堂をお参り後、本坊でお待ちかねの昼食。メニューは

精進(野菜)カレーとサラダ。

滝での問答で「はい!」と返事をした子供たち、残さないよう

に一生懸命食べていました。

引き続き、腕輪念珠作りが行われました。皆、個性的な念珠

を作っていました。早く終わった子が、小さい子や遅れている

子を手伝ってあげている姿が、各所で見られました。

珠は色とりどりで、欲張れば足りなくなるし、分け合えば

余ります。各自、2個の念珠を作れたということは、上手に分

け合えたのでしょう。子供たちの思いやりのつまった念珠。

1つは自分用。もう1つは大切な人へプレゼント用です。

貰えたのは、お父さんでしょうか?お母さんでしょうか?

下山の途中、仏舎利塔前にて、柴燈護摩供を厳修。

真剣に炎を見つめる子供たち。それぞれ何を祈願したのでしょ

うか。護摩の炎で念珠をお加持し、世界に1つだけのお手製念

珠は完成しました。

ケーブルカーを利用し、不動院で修了証を授与され、今年の

子供やまぶし修行体験会は無事終了いたしました。

小学生の時期に、親が子供に与えられる大切なことの1つは、

思い出であるといいます。

今日1日を通じて、子供たちは様々なことを感じたと思います。

善しにつけ悪しきにつけ感じたことをお家に戻って考えることで、

心に残る、忘れられない体験となったのではないでしょうか。

天狗の落とし文

健やかに 朗らかに




火のまつり


8 月 01

     7月28日(土)

 

 

 

 

     高尾山山伏による火渡りと花火大会が八王子市民球場で

     行われました。

     球場の周りには、出店が並び、夏休み中の子供達も多く

     見られました。

     炎天下、午後4時から、御貫首大祇師のもと、火生三昧

     柴燈護摩供が厳修され、八王子・南大沢交通安全協会

     の方々が集めた交通安全の撫で木を御焚き上げし、交

     通安全・身上安全等が祈願され、火渡りにも多くの方が

     参加されました。

     夕闇が迫り、振り返れば球場のスタンドは満員。

     深い青色のキャンバスに色とりどりの花火が舞い上がり

     ました。

     天狗の落とし文

          熱中症と寝不足に気をつけよう!