高尾山ブログ 天狗のひとり言


成人の日


1 月 10

     1月9日(祝)

 

 

 

 

     三連休、引き続きお天気も良く、臨時列車やバスツアーなど

     で大勢の方に御来山頂ました。

     初詣の御信徒さんの中に少しずつ、リュックを背負ったハイカ

     ーの方もチラホラと見かけるようにもなりました。三が日の混

     雑を避けた、家族連れも多いようです。

     そんな中、毎年、ごく僅かではありますが、晴れ着姿の新成

     人がお見えになります。なにも着物でお山までとも思います

     が、初々しい新成人の方を見ると、自分の二十歳の頃が思

     い出されます。当時、聞いた話で、「孔子は論語の中で、十

     五で学を志して、三十で自立するまでの間のことを細かくは

     説かれていないが、二十代は、知識と経験とお金を蓄える

     時期だよと、そして、学ぶべきは人生だよ」と言われたのが

     印象的で、未だ憶えているものです。ただ、誰から聞いたの

     かは忘れてしまったのですが・・・ゴメンナサイ。大事なのは

     誰に言われたかではなくて、何を言われたかということで御

     容赦を。

     さて、新成人の皆さんは、これから更に世界が広がると思い

     ます。素敵な人、素敵な言葉にたくさん出会えるといいです

     ね。

     天狗の落とし文

             あと戻り 出来ません 人生は




初甲子大黒天祭


1 月 05

     1月4日(水)

 

 

 

 

     雲ひとつない青空の下、ご本社横の大黒天碑にて、

     大黒天祭が執り行われました。毎年、初甲子の日が

     大黒天祭になりますが、今年は4日と早くなりました。

     毎年、初甲子に合わせて、ご商売をなさっている方々

     が、ご自宅から護摩修行の際に使用するクコの枝など

     を納めに、朝早くからお越しになります。

     11:30頃から御貫首御導師のもと、ご祈祷が執り行

     われました。

     資本金を受けていかれた方々は、それを元手にご家業

     ・ご商売にご精進頂き、たくさん増やして頂きたいと思

     います。

     13:30からは、能楽師・観世流シテ方山中迓晶さんの

     奉納の舞がご本社にて行われ、道行く人たちも足を止

     めて観賞していました。

     部分部分でしたが「鶴亀」などお正月にぴったりの演目

     でした。

     天狗の落とし文

        おじぎは 敬意や 感謝の 気持ちをつたえる




3日の日の出・人出


1 月 03

     1月3日(火)

 

 

 

 

     三が日の中では、今朝の日の出が一番良かったように

     思われます。

     境内から7時ちょうどに撮った写真です。

     11時のお護摩の時の本堂の様子です。

     今年は、比較的暖かく、日差しが心地よいので、

     日向にいるとほっこりします。

     初詣がまだの方は、是非、高尾山へ御来山下さい。

     天狗の落とし文

          何も生まれてこない 愚痴 文句

     




迎光祭


1 月 01

     平成24年1月1日(祝)②

 

 

 

 

     大晦日から比較的暖かかった為、いや、冷え込まなかった為、

     雲がなかなか動きません。東の空に低くかかった雲に隠れて

     しまった、太陽が顔をちらりと覗かせたのが朝7時を過ぎてか

     らでした。

     早朝5時を過ぎたころには、山頂への規制のアナウンスが入

     っておりましたが、迎光祭自体は予定通り、当山執事御導師

     のもと執り行われました。

     山頂に山伏の法螺貝の音が響き渡り、世界平和・万民豊楽

     が祈念されました。

     引き続き、山頂の茶店屋さんのご祈祷も行われ、家内安全

     ・商売繁盛が祈願されました。

     夜明け前の吸い込まれるような寒さから、雲に隠れている

     とはいえ、お日様の優しい暖かさを感じるひと時となりまし

     た。

     天狗の落とし文

           苦しさもある 楽しさもある 世




平成24年新春特別開帳大護摩供厳修


1 月 01

     平成24年1月1日(祝)

     午前零時ちょうど、除夜の鐘が鳴るのと同時に、御貫首に

     より、護摩の火が点火され、本年一番最初の護摩が厳修

     されました。

     本堂の中は溢れんばかりの御信徒の皆様。熱心にそれ

     ぞれのお願いを、僧侶の熱祷ともに御本尊様に託されまし

     た。

     本堂の前には、初詣に来られた方の行列が出来ており、

     こちらの皆様も様々なお願いごとをされたと思います。

     新年にあたり、皆様はどんなお願い、または、決意をな

     さいますか?

     引き続き、この後も、迎光祭の模様もお伝えしたいと思

     ます。

     本年が皆様にとって、幸多き年でありますように!皆様

     の願いごとが叶えられますように!

     天狗の落とし文

     人生にも仕事にも 計画を立て その成功に

                         向かって 努力する