高尾山ブログ 天狗のひとり言


納札・星供・ダイヤモンド富士・お餅つき


12 月 25

     12月25日(日)

 

 

 

 

     「もういくつ寝るとお正月~」と言う事で、今年の日めくりも

     残すところあと僅かとなりました。

     19日(月)には山麓の祈祷殿にて、納札の柴燈護摩が厳

     修され、皆様がお納めになった古いお札をお焚き上げい

     たしました。

     21日(水)には大北斗祈祷会が開白され、冬至にあたる

     22日(木)の早朝に結願となりました。

     星供曼陀羅を御本尊として、御信徒の皆様の無事息災

     を祈り、悪事・災難から逃れることを星に願いました。

     23日(祝)は夕方、高尾山山頂にダイヤモンド富士を見

     に出かけました。冬至の前後に山頂から富士山を望む

     と、夕日が富士山の真上から沈む様子がダイヤモンドの

     指輪の様に美しく見えます。残念ながらこの日は、いい

     男を前に、富士山が恥ずかしがって雲に隠れてしまって

     いました。秋もでしたが、個人的に、なかなか富士山を

     拝めませんでした。

     本日25日(日)は、お餅つきです。餅は餅屋ということで

     山麓有喜堂の社長にお手伝いいただき、朝から150kg

     のもち米を蒸しました。いい匂いが漂ってきて、いよいよ

     お正月を迎える気分になります。

     餅は山内の各所にお供えするため約90組つくりました。

     御貫首がついた、出来立てのお餅は、大根おろし・納豆

     きなこと絡めて職員で頂きました。

 

    天狗の落とし文

           自分の道を まっすぐに




おみがき


12 月 17

     12月16日(金)

 

 

 

 

     すす払いに続き、快いお天気のもと、おみがきが行われ

     ました。

     今年も大勢の方に御参加頂き、本堂や本社の仏具を丁

     寧に磨き上げました。

     昨年もピカピカに磨いたはずなのに、一年であっという間

     にくすんでしまいます。

     先日の高尾駅の天狗像の清掃の折、天狗像の制作者

     の先生が当時、先代の山本御前に聞いた話として「お

     みがきとは衆生のこころの垢を落とすことなんです」と仰

     っていたそうです。

     自ら省みて、はたして昨年の自分のこころより今の自分

     のこころはきれいになっているのでしょうか?

     年末になって、慌ててそんな事を考えているようでは、

     ダメですね・・・。

     しかし、今年はまだ、終わりではありません。まだ、

     あと2週間あります。

     19日(月)には、納札供養の柴燈護摩が21日から

     22日にかけては、星まつりの祈祷会もあります。

     あと少しの2011年をもう少し大切に過ごしましょう。

     天狗の落とし文

               日々に 悔いなく




すす払い


12 月 14

     12月13日(火)

 

 

 

 

     穏やかなお天気のなか、歳末恒例のすす払いが執り行われ

     ました。

     夏のすす払いから半年も経っていないのに、本堂の屋根裏に

     は既にすすがごっそりと溜まっています。

     選抜メンバー(体重制限により)が屋根裏に入り、護摩壇付近

     の天井上からすすを落とします。

     天井から降るすすが一段落したら、下にいるメンバーは、ハタ

     キで仏具や額のすすを落とします。

     外では天狗のお面や二王門もきれいにします。

     ご本堂がきれいになるのと反比例して自分の顔が真っ黒にな

     ります。

    ブルーシートの上には落ちてきたすすが積もっています。

    仕上げの雑巾がけで、大掃除の終了です。

    最近は、整理整頓・片付けの本がベストセラーになっているよう

    ですが、年末はのんびり中掃除くらいで済ませたいものです。

    が、例年通り今年も、ときめく大掃除になりそうです。

    天狗の落とし文

             飾らずに 自分らしく




JR高尾駅天狗像清掃


12 月 13

     12月11日(日)

 

 

 

 

     今年もJR高尾駅の3・4番線ホームにあります、天狗像の

     清掃と法要が執り行われ、天狗像にご縁のある方にお集

     まり頂きました。

     製作者の大成先生にもお越し頂き、制作当時の苦労話な

     どの貴重なお話をおうかがいすることが出来ました。

     制作時、膝を壊しながらの作業だったようで、「私の膝を奉

     納したんだよ」と冗談半分でおっしゃってました。

     法要は10:30から始まり、当山僧侶御導師のもと執り行

     われ、駅構内の安全・運行の安全や旅客の安全が祈願さ

     れました。

     新春の初詣・臨時列車などでお越しの際は、きれいになっ

     た天狗像を是非ご覧下さい。

 

     天狗の落とし文

              見栄など張らない

          




十七回忌法要


12 月 10

     12月9日(金)

 

 

 

 

     当山中興第三十一世大僧正秀順大和上の第十七回忌法要が

     執り行われました。

     初雪が紅葉を白く染める中、成田山・川崎大師の御両山の御

     貫首猊下をはじめ親族の方々・法縁・法類寺院の諸大徳・当

     山役員の方々にご参列頂きました。

     法要は成田山新勝寺御貫首の橋本照稔猊下大導師のもと

     厳かに営まれました。

     お斎の席では、皆さんそれぞれ山本御前の思い出話をなさ

     れ、その人柄を懐かしんでおられました。

     気が付けば、外は雪からの反射が眩しいくらいの良いお天気

     になっていました。

 

     天狗の落とし文

         笑顔があって 泪があって 色々あって 人生楽し




成道会


12 月 10

     12月8日(木)

 

 

 

 

     仏舎利塔前のもみじもその葉を落とし、数日前とは天地がさかさまに

     なったようです。

     今年は紅葉が遅かったようで12月に入っても境内のもみじが楽しめ

     ました。ぱっと見、渋い色のもみじが多かったように見えましたが、根

     本に起って日差しを透かすように見上げると、赤・橙・黄・緑色が鮮や

     かにうかびあがります。お陰で葉っぱの裏側をみる楽しみができまし

     た。翌9日が雪だったことを考えると、この日が今年最後の秋だった

     のかもしれません。

     そんな中、仏舎利塔にて成道会の法要が御貫首御導師のもと執り

     行われました。

 

     天狗の落とし文

              苦労は人生の花である