高尾山ブログ 天狗のひとり言


火渡り祈願


3 月 27

2011年3月13日(日)

 

 

 

 

      はじめに、東北地方・太平洋沖地震により亡くなられた方の

     ご冥福をお祈りいたします。

     さらには、被災された皆様、ならびにご関係の皆様に、心より

     お見舞いを申し上げます。

      中止も検討された火渡り祭ですが、こんな時だからこそ、今

     すぐに私達に出来ることといえば、亡くなられた方の冥福を祈

     ることであり、国土の安穏と復興を祈願することだと考え、少

     しでも被災地の方々の苦難を分かち合い、復興への一助と

     なれるように、火渡り祈願として開催することとなりました。

     高尾駅の北口を出発した練行隊と不動院で合流。休憩で

     一息入れた後、御貫首を先頭に震災殉難者の法要が執り

     行われました。なぜ自分が命を落としたのか分からないま

     ま亡くなった方もいるのではないかと思うと、胸が締め付け

     られます。     法要を終えると山伏たちは祈祷殿の祭場を目指しました。     火渡りの儀式は厳かに進みます。

     阿字門・大導師招待

     火鑚加持

     床堅

     神斧

     宝剣

     願文

     通常の火渡り祭で祈願される、除災開運・身上安全・世界平和

     等に加えて、行方不明者の早期救出・被災者の身体健全・身

     上安全・作業員の救助安全そして国土安穏・復興祈願が一心

     に祈念されました。

     閼伽

     点火     梵天加持

     湯加持

     火生三昧表白

     清浄払い

     火生三昧耶

     余震の不安や交通機関の乱れ、諸事情あるなか多くの方々

     に火渡り祈願にご参加頂きました。誠に有難うございます。

     皆様の祈りは必ずや被災された方々の救済と、被災地の

     一日も早い復興への力となるでしょう。

     被災地から届く子供の映像で笑顔が映し出されると、ほっと

     すると共に希望の光に見えます。お稚児さんが練り供養をい

     たします春季大祭ですが、引き続き高尾山では、震災復興

     祈願といたしまして4月17日(日)に執り行います。

     自分自身、こころの中に熱いものを感じる火渡り祈願となり

     ました。

 

 

    人生の道しるべ

 

    がんばれ、日本。




高尾山防災の日


3 月 01

2011年2月26日(土)・27日(日)

 

 

 

     薬王院では毎年2月26日を「防災の日」として、昼食に職員全員

     おにぎりをいただきます。

     これは、昭和4年のこの日に、薬王院が火災に見舞われたことを

     忘れないようにするためです。

     現在では、水道も参道も整備され、当時と比べれば格段に消火活

     動は進歩しておりますが、しょっぱいおにぎりの具には、まずは火

     事をおこさないようにという教訓がギッシリと詰っています。

     翌27日(日)は、八王子消防署・八王子市消防団第11分団・高

     尾登山電鉄㈱・薬王院の4者合同での消火訓練が行われました。

     昨年10月に高尾山に設置された山岳救助の資器材も使用しての

     訓練となりました。せっかくの資器材も宝の持ち腐れでは、もった

     いないので訓練とはいえ、運用できたのはよかったのではないか

     と思います。

     訓練は、薬王院の自衛消防隊をはじめ、7本ものホースが敷かれ、

     最後には一斉に放水となりました。

     御貫首をはじめ、関係各所の方々の総評を頂き訓練は無事終了

     となりました。

     消防署の方々などは、訓練と同じくらい啓発も大事であると、山内

     パトロールをしながらの下山となりました。

     火も水も薬王院では大切な修行の対象です。防火訓練も修行の

     ようです。いざという時にも慌てないこころの強さを身につけたい

     ものです。

 

    人生の道しるべ

 

    自然(じねん)

 

    そのままに

 

    人間の小さな はからいなど それは関係ない

 

   




二の午


3 月 01

2011年2月20日(日)

 

 

 

     山麓の不動院にお稲荷さんのお堂があります。このお稲荷さんは諸事情に

     より各所を転々としたらしいのですが、最終的に不動院のこの場所に落ち着

     いたそうです。

     毎年2月の2回目の午の日(二の午)に法要が執り行われ、今年もふもとの

     商店の方々に大勢お集まり頂き、家内安全・商売繁盛等祈願いたしました。

     また、午後には、菊一の滝近くのお稲荷さんにおいても、地元の方にお集ま

     り頂き、法要を執り行いました。

     さて、高尾山に春を呼ぶ「火渡り祭」がもう間近です。花粉症の方もそうでない

     方も皆様お誘い合わせの上ご来場ください。

 

    人生の道しるべ

 

    一心

 

    心を一つに集中し 他に散らさない