高尾山ブログ 天狗のひとり言


おみがき


12 月 19

2010年12月18日(土)

 

 

 

    昨日の寒さから一転、穏やかな冬晴れの中、おみがきが行われました。

    本堂内にやわらかな光が差し込む中、朝9:00頃よりスタート。

    御貫首を筆頭に山内の僧侶・職員をはじめ、高尾山の商店の方々や

    御信徒の方々が大勢集まりました。

    本堂・本社・奥の院・大師堂などの仏具が運び込まれます。

    最初に薬品を混ぜた熱湯でグツグツと煮沸します。

    熱々の仏具は本堂に運び込まれます。先頭の2・3人で「ピカール」を

    塗りたくります。

    手前の人は大雑把に磨き、流れ作業で奥の人は仕上げるように磨き

    ます。

    和やかな雰囲気の中、一所懸命磨いていると時間が経つのもあっと

    いう間です。

    恒例のおしるこで休憩タイムです。料理長の白玉入りのおしるこで

    小腹を満たしたら後半戦です。

    おみがきは、席順によって磨き方がだいぶ違います。その人の個性

    も出ますし、いろいろ場所をかえるのも楽しみの1つかもしれません。

    自分の顔が映る位ピカピカに磨けると嬉しくなります。

    日々の生活で自分の心もくもりがちになります。いつでもピカピカで

    あるように心がけたいものです。

    最後にお手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。   

 

 

    人生の道しるべ

 

    和敬(わけい)

 

    和合と尊敬の心 人間社会で最も大切な心がまえ




高尾山山内大掃除


12 月 15

2010年12月13日(月)

 

 

 

 

    小雨の降りしきる中、山内の大掃除が行われました。

    山内の僧侶・職員が総出でご本堂を中心に1年の汚れを落としました。

    高尾山では1日5回365日御護摩修行が行われ、護摩壇の周りには

    大量のすすがたまります。木造の建物ですので、すすがたまってると

    火の粉が飛ぶだけでとても危険です。

    そのため、屋根裏にも上がってすすを取り除きます。

    堂内はこの日ばかりは護摩壇の仏具なども取り払われ、さながら工事

    現場のようになります。

    内陣も僧侶によってキレイにお手入れされます。

    護摩壇周辺では、顔を真っ黒にしながら、すすを払います。

    失礼して天狗さんのほこりも落とします。

    二王門もピカピカに磨きます。

    護摩壇から取り外された仏具などもキレイにします。

    本堂の隅々まで丁寧にすすやほこりを落としたら、ビニールシートを

    外し、雑巾がけです。

    キレイになったところで、仏具などをもとの位置に戻して終了です。

    大掃除をすると色々な物が出てきて、ついつい懐かしんで時間を

    とられがちになります。物と一緒に心も整理して1年を省みる大事

    な時間かもしれません。

    新しい年を新たな気持ちで迎えるための大掃除。みなさんの

    ご予定は!?

    

    18日(日)にはご本堂にて「おみがき」が19日(日)には山麓祈祷殿

    にて納札の柴燈護摩が行われます。どなたでも参加(おみがき)や

    見学(柴燈護摩)が出来ますので、是非お越し下さい。

 

 

    人生の道しるべ

 

    新観(しんかん)

 

    ほんものを見ようとする こころ構え




JR高尾駅天狗像清掃


12 月 15

2010年12月12日(日)

 

 

 

    JR高尾駅の3・4番線ホームの先頭には、高尾山に訪れる

    方々をお出迎え、または、お見送りするかのように天狗様の

    石造があります。

    暑い日も寒い日も高尾駅の安全を見守ってくれています。

    そんな天狗様に感謝を込めて、毎年この時期に清掃と安全

    祈願の法要を行います。

    夜には照明に照らされる天狗様。高尾近隣に住む方は天狗

    様のお顔を見ると帰ってきたと「ホッ」とします。ただ、それ以

    外の方は終点まで寝過ごしたと「ギョッ」とするそうです。

 

 

    人生の道しるべ

 

    汲古(古【いにしえ】汲【く】む)

 

    過去を大切に そこから新指針を汲みだす