高尾山ブログ 天狗のひとり言


二年まいり。


12 月 31

2009年12月31日(木) 大晦日

 

 

 

    昔から年越しといわれる年の境は、多くの参拝者が

    

    高尾山に詣でて、大晦日から元旦にかけて二年参り

 

    の人々で賑わう。

 

     

    今年の終わりに一年の感謝をする。

 

 

    境内も正月を迎える準備が整う。

 

 

    日も暮れ参道の灯篭が美しくライトアップされる。

 

 

    翌日の賑わいに備えて、ひっそりとたたずむ山門。

 

 

    日中の風も止み、今年最初の一番護摩を目指し

 

    御信徒様が本堂に集まる。

 

 

    今年 最後の月がひっそりと沈んでゆき、境内には

 

    法螺の音が響きはじめる。

 

    

    人生の道しるべ 

 

    自分に厳しく 他人には寛容であれ




冬至 星祭り


12 月 22

2009年12月21日(火)・22日(水)

 

 

 

 

    来る年の幸運を祈って、毎年冬至の前日より冬至にかけて

 

    北斗七星、九曜、十二宮、二十八宿を描いた星供曼荼羅を

 

    本尊様として、星祭り『大北斗祈祷会』が今年も厳修されま

 

    した。

    

 

    

 

 

    1年間の御信徒の無病息災を祈り、悪事や災難から逃れることを

 

    星に願うのであります。 

 

 

 

 

    

 

    平素、高尾山御本尊・飯縄大権現を信仰している御信徒の

 

    皆様方の災禍を除くためにも、是非、高尾山星祭り祈祷を

 

    お勧めいたします。

 

 

       

   人生の道しるべ

 

   常に目標は高く 夢も大きく