高尾山ブログ 天狗のひとり言


書院能と茶の湯


11 月 28

2009年11月28日(土) 

 

 

 

紅葉の見頃をむかえた高尾山薬王院で

 

この日、お護摩に参加し、精進料理を味わい、能と茶の湯を

 

体験、日本の心に触れる「和文化の集い」が行われた。

 

  

    能「羽衣」の舞いに魅了されていた。

 

    その昔、将軍や大名は客人をもてなすのに能を舞い、

 

    茶会を催したそうです。

     

 

    薄茶席では、茶を点て伝統文化の魅力を伝えた。

 

    大広間では、旬を生かした精進料理を堪能された。

 

 

    薬王院・寺宝の屏風絵の展示。

  

 

    法螺貝などをはじめ、山伏十二道具が並ぶ。

 

   

    この日、自然の美しさと厳しさの中から

    

    私たちが大切に育んできた日本人の心の清らかさに触れる、

 

    そんな時間を過ごされました。




「開運・ひっぱり蛸」開眼法要


11 月 08

2009年11月8日(日) 

 

 

 

参道にある蛸のような根をした蛸杉前にて、供養と法要が行われた。

 

 

 

当山に蛸の供養をしたい旨を水産会社が申し出て、

 

昭和37年に蛸杉の横に蛸供養碑を建立したのがはじまりで、

 

毎年供養している。

 

 

大山貫首大導師の許、開眼法要が行われた。

 

近年、蛸杉の傍に近づいて根を撫でる来山者が多く、杉の生育には

 

好ましくないとのことで、今回「開運・ひっぱり蛸」が建立された。

 

   

   ご来山の際には、是非 この「開運・ひっぱり蛸」の頭を撫でていただき、

   

   本堂で手を合わせ、開運を引き寄せていただきたいと思います。

 

 

 

山内道しるべ

 

 

他人と比べることで 苦しみが生まれる