高尾山ブログ 天狗のひとり言


楽曲『高尾山』歌碑除幕式


8 月 12

8月11日(祝)

北島三郎さんが唄いヒットした「高尾山」。そのご功績を後世に伝える為、

楽曲「高尾山」の歌碑が建立され、山の日に合わせて除幕式・開眼法要が

執り行われました。

式は、北島三郎さんをはじめ、作詞のいではくさんやご来賓の方々、

「高尾山」記念コンサート実行委員の皆様や多くの関係者の方が見守る中

執り行われました。

歌詞の部分は北島三郎さんの書になっており、北島さんの手形に手を合わせると

『高尾山』の曲が流れる仕組みになっています(曲が流れるのは8時から17時の間のみ)

これから先、幾星霜。高尾山に『高尾山』が響くことでしょう。

天狗の落とし文

継続と忍耐を忘れない




夏だ 山だ 高尾山にやまぶしに会いに行こう!


8 月 12

8月7日(日)

夏本番。恒例の高尾山子ども山伏体験修行会が執り行われました。

集合場所の不動院には、眠たそうな子、緊張ぎみの子、高揚している子、

たくさんの子供たち約80名が集まりました。

班ごとに分かれ、6号路を琵琶滝目指して出発。いろんな小学校から

集まった子供たち。最初はやや緊張気味。

琵琶滝では、滝修行に参加。山伏の問いに大きい声で『ハイ!』と答えないと

滝から出られません。ここが緊張のピークでしょうか。

滝行が終わるころには、みんな打ち解けてきます。意気揚々と琵琶滝道から

1号路を通って薬王院を目指します。

境内に到着すると、ソフトクリームを食べて一休み。ご本堂へ向かい、ご本尊様

のお名前をお唱えしました。

本坊に到着したら、お待ちかねの昼食。精進カレーをいただきます。

山伏から『多くの人達が関わって、今、みんなの前にカレーが出されているんだよ。

だから、感謝の気持ちでいただきますをしましょう』と言われ、みんな揃って、

大きな声で  『いただきます』

食事の後は、お楽しみの念珠作り、色とりどりの珠を繋げて世界に一つだけの

念珠をつくります。

念珠が出来上がったら、レクレーションのゼスチャーゲームでおやつをゲット。

楽しい時間はアッという間です。不動院を目指して1号路を下山。

帰りはケーブルカーに乗車、柴燈護摩供を行う祭場へ向かいました。

柴燈護摩供は当山執事御導師のもと厳修され、こども達はお護摩の炎で

自分で作成した念珠をお加持しました。

最後に不動院で閉会式を行い、成満証と念珠と思い出を持ち帰り、帰路に

つきました。住んでるところも、学年も違う、新しい友達と仲良く・協力出来た

のではないでしょうか。みんなお疲れ様でした。

天狗の落とし文

仁慈 ~思いやりがあり 情け深い~




火のまつり


7 月 31

7月30日(土)

関東地方も梅雨明けし、いよいよ夏本番。

27日に富士登拝修行を無事に成満した高尾山修験道の面々は休む間もなく、

八王子・南大沢交通安全協会主催の火のまつりに出仕致しました。

火のまつりは、八王子の花火大会の日に合わせて、高校球児の熱気の残る

市民球場で行われました。

じっとしていても、肌をジリジリと焦がす猛暑1歩手前の空に、夕立を呼ぶ

積乱雲がもくもくとのぼっていないのは救いかどうか。

儀式は滞りなく進み、灼けた桧の葉は勢いよく炎をあげ燃え上がり、

渦巻く空気に炎のコントロールも大変そうでした。

山伏の火渡りに続いて、交通安全協会の方々や先着で並んだ一般の方

300名も渡火致しました。

引き続き、ルールとマナーを守り、譲り合い助け合いの気持ちで交通安全を心掛けて

行きたいものです。

天狗の落とし文

悪口は 言わない




写経大会


7 月 31

7月24日(日)

.

.

.

梅雨晴れのすがすがしい天候に恵まれた中、約150名の

大勢の 皆様にご参加いただき、第三十五回写経大会が行われました。

参加者の皆様は、

日常の喧騒を離れ、静寂の中

黙々と一文字一文字に心を込めながら書き進められていました。

また、金岡秀郎先生による髙尾山薬王院夏季講座

『お地蔵さまと閻魔様』の講演を拝聴しました。

こちらもたくさんの方にご参加いただきました。

天狗の落とし文

今やるべきことをやらなければ将来の夢は遠のく




第十箇度霊峰富士登拝修行


7 月 23

7月23日(土)

明け方の霧雨に包まれた高尾山を富士登拝修行者の面々が出立致しました。

順調に行けば27日に富士山頂でご来光を拝めるのではないでしょうか。

未だ関東地方は梅雨明けには至っていない様ですので、気温もさほど上がら

ないようです。雨が降らないことを祈るばかりです。

天狗の落とし文

譲り合う




納札供養柴燈大護摩供


6 月 21

6月19日(日)

今年の梅雨は、傘をさしても濡れるような霧雨の日もあれば、

局地的な豪雨もあり、しとしと降り続く雨模様ではないようです。

雨なんて降らなければいいなんて思うのは、身勝手な心模様で、

雨の日も風の日も晴れの日も雪の日もあってこそ、自然のバランス

が保たれているのではないでしょうか。

雨に濡れて嫌だと思う前に、雨を感じられる感性を持ちたいものです。

濡れている紫陽花が美しく見えるように。

とは言っても、行事のときは、晴れてほしいのも人情で、夏の空気が

混じり始めた梅雨の合間に納札供養の柴燈大護摩供は厳修されました。

日々、御信徒それぞれの願いを受けていたお札。お役目を終えたお札を

丁重にお焚き上げし、報恩謝徳・引き続きのご加護をご本尊様に祈念

いたしました。

天狗の落とし文

かっとして 怒らないこと




石斛が咲いています


5 月 29

5月29日(日)

好天に誘われ高尾山へも多くの方が訪れています。

一人でマイペースで登る人。おしゃべりを楽しみながら歩く仲良し組。

子供に急かされる家族連れ。ワイワイとにぎやかな団体さん。

おもしろいもので、同じ参道を登るのにも、十人十色。

色々な想いを抱えた人たちが、それぞれの歩幅で登っています。

境内の石斛も花を咲かせています。

高い所が苦手な身としては、なにもそんな所で咲かなくてもと思い

ますが・・・。人生いろいろ。お花もいろいろ。

天狗の落とし文

叱るより ほめる




高尾山天狗まつり


5 月 20

5月18日(水)

眩しいひかりに照らされた青葉がキラキラと目に染み入り、風は

春から夏への装い。賑やかな遠足の子供たちと鳥のさえずる声。

つばめもピュンピュンと舞い、ハイキングの大人たちは、薄っすら

かいた汗を拭い、一息。五感でかんじるすべてが爽やかな季節

を迎えています。

飯縄権現堂脇の天狗社では、天狗まつりの法要が執り行われ、

『南無大天狗 小天狗』と唱える僧侶の声が響きわたりました。

五月の雲一つない真っ青な空を見上げていると、なんだか

心の中の雲も消えてしまうようで、ウキウキしてきます。

でも、上を見ながら歩くのは危ないのでご注意下さい。

天狗の落とし文

駄目ってすぐに諦めない




春季大祭


4 月 20

4月17日(日)

何日も前から天気予報の傘マークがとれずに迎えた当日の空。

雨こそ降っていないが、どんどん流れて行く雲。

残念ながら春季大祭の目玉のパレードは中止の決定。

それでも、本坊で着替えを済ませた子供たちは意気揚々で無邪気。

書院でお加持を授かり健やかな成長を祈念。記念の写真をとったら、

花御堂で甘茶かけ。

時折吹く強風と雨。雨雲が切れると差し込む日差し。天気が刻一刻と

かわる中、本堂では御貫首御導師のもと、特別開帳大護摩供が

執り行われ、有喜苑では高尾山修験道の山伏による柴燈護摩供が

厳修されました。殊に熊本の地震に想いを馳せるひと時となりました。

天狗の落とし文

親が子を 甘やかせるのは 毒のように よくないこと




花まつり


4 月 09

4月8日(金)

いかにも新入生・新入社員と『新』のつく人達を目にすることが

増えてきました。希望や期待に胸を膨らませ、颯爽と歩く姿は、

まさに春の風。見ているこちらへ新風を吹き込んでくれます。

高尾山も春本番。境内の桜も見頃を迎え、スミレも至る所で、

愛らしく微笑んでいます。

8日はお釈迦様の生誕を祝う灌仏会。

仏舎利塔にて、御貫首御導師のもと法要が執り行われ、

花御堂のお釈迦様へ甘茶を灌ぎ、御祝致しました。

窓際で寝ていると、柔らかな朝日が差し込む中、鳥のさえず

る声で、20分程早く目が覚める様になってきた今日この頃。

あまりの心地良さに、春眠暁を覚えずと言うよりも、むしろ

春眠二度寝に注意ですね。

天狗の落とし文

不退転  くじけない 屈しない